知っておきたい2020年の英語・プログラミング必須化とは

2020年問題教育改革英語プログラミング教育などが話題になっています。

文部省が行う教育改革が2020年から始まります

2018年から既に準備やテストなどを行っている学校もありますが具体的にどのように変わるのでしょうか

これから小学校に入学されるお子様をもつ保護者の現在小中学校在学されているお子様の保護者の皆さんにおいては

いったいどうなるんだろう

現在の学校教育の何が変わるのだろう

ご心配や疑問を持たれていらっしゃるのではないでしょうか

そんな疑問を解決するために2020年教育改革についてまとめてみました

なぜ変わる?学校教育が変わらなくてはいけない理由

世の中の変化に対応できる人材を育成するためには現在の教育内容では日本は取り残されてしまう可能性があると考えられています。

ITの発展グローバル化の加速少子高齢化による労働生産性の低迷など今後求められる人材が大きく変化します

あや

グローバル化とは国と国を分けている隔たり・障壁が小さくなることです。

グローバル化に対応するためには英語能力は欠かせないものとなりそれに加えてプログラミング教育で論理的思考を培うことにより世界に通用するような人材を育成する事が最重要な教育だと考えられています

プログラミングとはコンピューターが理解し処理できるように人間が指示を出して示す

計画し予定を立て順番に書きだす作業の事をいいます2020年から小学校でプログラミングが必修になります。

実際に子供向けのプログラミング言語を利用するだけでなく、プログラミング的思考力を養うことも重視されています。

求められる国際社会に対応できる人材を育成する事が学校教育の重要な課題であり急速に変化する世の中に対応するために必要なのが今回の教育改革だという事です

2020年具体的に学校教育は何が変わるのか

小学校中学校高校の英語の授業内容が一部変更されるほか大学入試方法が大幅に変更されます

小学校での英語の授業

現在小学校5年生から行われていた英語の外国語活動授業が小学校3年生から始まります

あや

英語楽しいと感じる事を目的とした体験型授業内容です

2018年からすでに年間15コマの授業が導入されており2020年からは必修化され34年生で35コマの授業が行われます

そして小学校5年生からは英語教科がスタートします

あや

小学5年生で現在の中学生が習っている内容を56年生で習うという授業内容になっていて英単語600700個を覚える事になりますのでかなりの量だという印象です

中学校での英語の授業

では、中学生の授業はどうなるのかいうと中学生からはオールイングリッシュ授業になり全て英語で行います。

これは聞く話す力を身につける為であり従来の読む書くという授業に聞く話す加えた4技能バランス重視力を入れるためです

大学入試

高校大学教育も変わりますが大きく変わるのはやはり大学入試に関する事であり皆さんも一番気になる所ではないでしょうか

2020年1月にセンター試験が廃止され新たに高等学校基礎学力テスト仮称大学入学希望者学力テスト仮称始まります

試験問題にも変化があります理系問題に文系要素が入るというような各教科全てにおいて総合的な学力が無いと解けないような総合型試験問題なるようです

それに加え国語数学に記述式問題導入され英語は4技能試験民間資格検定試験活用することになります

 

2020年から実施されるという事ではありますがすでに一部入試問題にも変化が見られるようなのですでに大学入試改革は始まっていると言えるでしょう

センター試験が大きく変化する事にともない各大学の個別試験も大幅に変更されていきます

具体的にはまだわかりませんが現在の入学試験方法は廃止され新たな入学試験になるのかもしれません

まだまだ先じゃない。入学前から知っておきたい学校教育

センター試験が廃止され大学入試試験が大きく変化する事にともない小学校中学校高校教育全てにおいても大きく変わろうとしているように感じたかもしれません

今から小学校入学されるお子様や現在小・中学校に通われているお子様を持ちの保護者の方々は学校教育の変化に伴う実際の変化やそれに対応するにはいったいどのようにしたら良いのかなどご心配になったかもしれません

ですが今の時代早期英語教育は欠かせないと思いますので今回の改革は遅い位だと言えるでしょう

センター試験廃止理由にはいくつか疑問もあり今後の行方が気になります現在の高校教育もすでにグローバル化社会を意識したものになってきていますので急激に変化するというわけではなく試験内容に合わせた授業を行い総合的な学力をつけるという学習に変わるという事だと思われます

試験方法が変わる事による混乱は避けられませんが過度に心配されたりする必要は無いといえるでしょう

あや

心配しすぎはよくありませんが、自分たちの時とは違う。ということは知っておきましょう。

学校教育現場の教師の方々が現在にも増して大変になりプログラミング教育を生徒に教えるなど新たな試みに対応していかなくてはなりませんその指導者教育は今後どのようにしていくのかが今後の課題ではないでしょうか