2022年入学者向けランドセルカタログ請求開始! ココ

サッカー少年のためのランドセル選び

サッカーが大好きな男の子のために。

サッカーのブランドやサッカーをイメージしたランドセルを用意してあげたいですよね!

でも、ランドセルは小学校の6年間という長い間ほぼ毎日使うので、見た目だけでなく使いやすさもとっても大切です。

このサイトではサッカーのランドセルの紹介と、ランドセル選びのポイントなどをまとめています。

お子さんのためのランドセル選びのお役に立てると幸いです。

目次

サッカーランドセル一覧

おすすめのランドセルの選び方

サッカー大好きなお子さんに買ってあげたい【サッカーブランド】や【サッカーチーム】のランドセル。

でも、、たくさんあるランドセルの中でどのランドセルを選んだらよいか?!迷ってしまいますよね。

ブランドのランドセル、サッカーチーム公認のランドセルはどのランドセルも品質が良く、粗悪なものはありません。

そのため、どのランドセルを選んでも大失敗!!ということは、ほぼありません。

お子さんが好きなブランドやチームがある場合には、そのランドセルを選んでください。

STEP
実際に背負ってみる

展示会や販売店に出向いて実際に背負ってみましょう。

もし、同じランドセルがない場合には、背カンが同じものを選んでみましょう。

  • ウィング背カン
  • 天使のはね背カン
  • フィットちゃん背カン

この3つがよく使用されている背カンの種類です。

これだけで背負い心地が決まるわけではありませんが、どのような背カンかによって使い心地が大きく変わるようです。

あわせて読みたい
【ランドセル選び】『背カン』とは?背負いやすいランドセルを選ぶためのポイント
【ランドセル選び】『背カン』とは?背負いやすいランドセルを選ぶためのポイントランドセルを選ぶ基準はいろいろありますが、中でも特に大切なポイントが『背カン』です。背カンはランドセル本体と肩ベルトをつなぐ部品のことです。背カンはランドセ...
STEP
気になるランドセルを比較をしてみる

気になるランドセルが複数ある場合などは、比較をして違いを確認してから実際に背負ってみましょう。

価格の面なども要チェックです。

サッカーブランドやチームのランドセルで気に入ったものがなければ、他のランドセルも検討をしてみましょう。

価格はサッカーブランド・チームのランドセルは他のランドセルよりも高めです。もう少し、控えめの価格のものをと考えるなら、他のランドセルも検討をしてみましょう。

サッカーランドセル 見た目で選ぶ

ブラック×ゴールド

ブラック×ブルー

ブラック×イエロー

ブラック×グリーン

ブラック×レッド

ブラック×ブラック

ブラック×ホワイト/ ブラック×シルバー

マリン ネイビー ブルー

シルバー

紫色(バイオレット)

サッカーランドセル 背カンで選ぶ

天使のはね

ウィング背カン

フィットちゃん

あわせて読みたい
【ランドセル選び】『背カン』とは?背負いやすいランドセルを選ぶためのポイント
【ランドセル選び】『背カン』とは?背負いやすいランドセルを選ぶためのポイントランドセルを選ぶ基準はいろいろありますが、中でも特に大切なポイントが『背カン』です。背カンはランドセル本体と肩ベルトをつなぐ部品のことです。背カンはランドセ...

サッカーランドセル 価格で選ぶ

ランドセルは高価なのでやっぱり価格は大切!価格重視ならこちらから

1ロット62,000円
2アンブロ(学習院型)69,300円
3プーマ
スタンダードエディション
71,500円
4アディダス75,900円
5ナイキ75,900円
6プーマ
ピクセルスポーツ
77,000円
7プーマ
ネオンスプラッシュ
77,000円
8アンブロ(キューブ型)79,200円
9プーマ
プレミアムエディション
80,300円
10プーマ
プレミアムエディション直営店限定
82,500円
11プーマ 高島屋限定モデル82,500円
12高島屋×アンブロ 82,500円
13阪急×アンブロ84,700円

サッカーランドセル 大きさで選ぶ

教材の量が増えているのでまち幅が少しでも大きいものと考えているならまち幅もチェック

まち幅12㎝

まち幅12.5㎝

サッカーランドセル 重さで選ぶ

ランドセルは軽いほうが体に負担がかかりません。少しでも軽いものをと考えるなら重さもチェック

1ロット1110g
2アディダス1120g
3プーマ スタンダードエディション1130g
4プーマ ピクセルスポーツ1190g
5プーマ 高島屋限定モデル1190g
6プーマ ネオンスプラッシュ1200g
7プーマ プレミアムエディション1200g
8プーマ プレミアムエディション直営店限定1200g
9阪急×アンブロ1200g
10アンブロ(キューブ型)1250g
11アンブロ(学習院型)1270g
12高島屋×アンブロ 1290g
13ナイキ1350g

サッカーランドセル一覧

サッカーチーム ランドセル一覧

上記以外のサッカーチームのランドセルです。

ランドセル選びのポイント

サッカーのランドセルと言ってもとってもたくさんあります。

気に入ったデザイン、お気に入りのブランドを選ぶのも良いのですが、ランドセルの基本的な機能を確認しておいたほうがお子さんの体に合っているもの、小学校生活の間で使いやすいものを選ぶことができると思います。

ランドセルを選ぶときに確認をしておきたいチェックポイントをご紹介します。

素材

サッカーのランドセルの主な素材は人工皮革。牛革などを選びたい場合にはサッカーのランドセルはおすすめできません。

人工皮革の代表的なものは「クラリーノ」です。

あわせて読みたい
牛革?クラリーノ?コードバン?ランドセルの素材の種類を確認しよう。
牛革?クラリーノ?コードバン?ランドセルの素材の種類を確認しよう。ランドセルの「素材」はランドセル選びのポインとの1つになります。ランドセルに使われる素材には、人工皮革や牛革などいくつか種類がありそれぞれ特徴もありますのでラ...

背かん

肩ベルトとランドセル本体をつなぐ部品。

可動式の背かんが主流ですが、どれを選ぶかによって背負いやすさ・背負い心地に差が出ます。

どれが良いかはそれぞれなので、実際に背負ってみて確認してみることを強くおすすめします。

あわせて読みたい
【ランドセル選び】『背カン』とは?背負いやすいランドセルを選ぶためのポイント
【ランドセル選び】『背カン』とは?背負いやすいランドセルを選ぶためのポイントランドセルを選ぶ基準はいろいろありますが、中でも特に大切なポイントが『背カン』です。背カンはランドセル本体と肩ベルトをつなぐ部品のことです。背カンはランドセ...

まち幅

ランドセルの奥行の幅のこと。学習指導内容の改定により教材が増えることが見込まれるためランドセルの大型化が進んでいます。

A4フラットファイル対応はほぼ当たり前。ここ数年はまち幅12㎝以上のランドセルが主流になっています。

あわせて読みたい
ランドセルのサイズは大切!まち幅は要チェック。キューブ型、学習院型の違いも。
ランドセルのサイズは大切!まち幅は要チェック。キューブ型、学習院型の違いも。ランドセルを選ぶ時に必ず見てもらいたいポイントの1つに『大きさ』があります。小学校で学習をする内容が増え、教材の量も増えています。ランドセル選びに失敗をしない...

背あて

ランドセルの背あて部分。

クッション性のあるもの方が身体に負担がなくておすすめ。通学に長時間歩くこの場合、暑い時期を考えて通気性の良いものを選びましょう。

あわせて読みたい
失敗しないランドセルの「背あて」とは?
失敗しないランドセルの「背あて」とは?ランドセルが背中と当たる『背あて』の部分。見落としがちな箇所なのですが、体と広く当たる部分なのでとっても大切なです。【背あてのクッション性は十分?】背あて部...

フック・ナスカン

ランドセルの側面のフック(ナスカン)は小さな荷物を掛けたりできますが、子どもにとっては使いにくかったり、危険な場合もあります。

どんなフックがついてるのか確認できていると安心です。

あわせて読みたい
ランドセルの横のフック(ナスカン)安全性や使いやすさを確認しよう
ランドセルの横のフック(ナスカン)安全性や使いやすさを確認しようランドセルの側面には小さな袋やキーホルダーなどをかけておくことができるフック(ナスカン)がついています。ランドセルに入りきらない小さなものをかけることができ...

鍵・防犯ブザーの収納場所

鍵の収納場所と防犯ブザーの取り付け位置も確認。

肩ベルトのDカンや、ポケットに鍵の収納ができるフックがあるなどかも確認しておくと安心です。

https://xn--4zq3s83vba65f034cxkk.com/kagi/

ランドセルのQ&A

ランドセルの購入先おおすすめは?

ランドセルメーカーの直営ショップや公式オンラインショップがある場合は、メーカーから直接購入することをお勧めします。

万が一、ランドセルが壊れてしまったら修理に出すことになりますが購入したお店で修理依頼をすることになります。

同じメーカーのランドセルでも、販売店が限定されているモデル(百貨店モデルなど)の場合はメーカー直販のショップやサイトでは販売がされていないため、その場合には販売店で購入をしてください。

ネットでランドセルを買っても大丈夫?

メーカーの公式ショップや百貨店等の公式ショップなら安心して購入ができます。

店舗で購入をしても予約販売のため、入荷後に引き取りに行くか自宅まで配達をしてもらうことになるのでネットで買っても変わりません。

色やデザインはその場で決めることが難しいので、実店舗で背負い心地を確認して最終決定してからネットで頼むというのもおすすめです。

楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどに出店しているメーカー公式ではないお店の場合、修理などの対応などを確認したほうが良いでしょう。

ランドセルの保証はどうなってるの?

ほとんどのランドセルは6年保証が付いてきます。

メーカー独自の保証もありますし、ランドセル工業会に所属しているメーカーや工房の場合には「ランドセル認定証」がついています。

修理箇所や使用状態により有償修理もあります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる