学研ゼミの英語学習は「ワンダードリル」と「アルファベットストーンズ」

幼児や小学生のお子さんがいる場合「英語」学習は気になりますよね。

英語の学習を小学校で行っているところはすでにありますが、2020年の教育指導要領の改訂により英語の学習が授業科されます。

今まではやってもやらなくても良く、学校の判断というところがあったようですが、2020年からは必ず小学校で英語の学習をすることになります。

さらに、5年生・6年生は英語が科目として扱われることが決まっているため、「成績として評価される」ことになります。

月額「500円」から、手持ちのパソコンやタブレットで学習ができる学研ゼミでできる英語学習を見ていきましょう。

学研ゼミでできる英語学習

学研ゼミでできる英語学習は下記3つです。

学研ゼミでできる英語学習
  • スマートドリル
  • ワンダードリル
  • アルファベットストーンズ

あや

スマートドリルは教科書準拠のドリルなので、小学生向けのコースは英語に対応をしていません。中学生対象のコースから英語学習ができます。

幼児や小学生でもできる「ワンダードリル」と「アルファベットストーンズ」の詳細を確認してみましょう。

ゲーム感覚でできる!学研ゼミのワンダードリル

学研ゼミの小学生・中学生向けのゲーム感覚でドリルを解き進めていくことができるのがが「ワンダードリル」です。

紙のドリルやただ問題を解き進めていくだけでは取り組めない子、ゲームが好きなこにはピッタリの教材です。

  • 月額 500円(税抜き)
  • 対象年齢:小学1年生から中学3年生

対象年齢が小学1年生からとなっていますが、英語を学習している幼児にもおすすめです。

学研ゼミのワンダードリルの特徴は?

英語学習ができる「ワンダードリル」の大きな特徴は下記の2つです。

  • ゲーム感覚でできる
  • 学年に関わらず最適なレベルで学習ができる

紙の学習ではどうしても手が止まってしまい、集中力がかけてしまうというお子さんの場合、ゲーム感覚でできるワンダードリルは問題を解く楽しさを知るきっかけになります。

英語だけではなく、算数・理科・社会・国語のドリルにも取り組ことができます。

ワンダードリルではワンダードリルの全ても問題を利用することができるので、先取学習・復習にも利用することができます。

あや

チーム戦があったり、イベントがあったりと楽しみながら学習ができるしくみになっています。

学研ゼミのワンダードリルの英語

学研ゼミのワンダードリルでは、レベル分けがされています。

  • 初級・・小学校1・2年生向け
  • 中級・・小学校2・3年生向け
  • 上級・・小学校5・6年生向け
  • 最上級・・中学生向け

あや

小学1・2年向けの初級の場合、身近な単語などが中心となります。レベルがあがると文の構文などの問題も出てきますよ!

初月無料!今すぐお試し【学研ゼミ】

ゲームで覚える英単語!アルファベットストーンズ

学研ゼミのアルファベットストーンズは、4歳くらいからでも楽しめる英語学習アプリです。

スマホまたはタブレットにダウンロードをして利用します。

現在、iOS用しか配信がされていませんのでAndroidユーザーの方はご利用いただけません。

  • エリア1無料 エリア2以降エリアごとに360円
  • 対象年齢:4歳から

アルファベットストーンズの特徴は?

アルファベットストーンズは、4歳くらいからでも楽しめる英語学習アプリです。

出てきた英語の単語のブロックを潰していき、スペルが揃ったらOK!最後に発音するとボーナスポイントがもらえるという仕組みです。

パズルを解いている間はなんども英語の発音がされるので、自然と耳に入ります。

例えば、SOCKSという単語を解いている間はずっと「SOCKS」と発音がされています。

クリアすると、最後に単語の発音をします。

発音ができると最後にご褒美としてカードをもらうことができます。

最後に単語を発音するので、さらにインプットされやすくなるしくみになっています。

子どものやる気を引き立たせるための工夫もされていますので、楽しんでゲーム感覚で取り組める英語学習アプリです。

学研ゼミでできる幼児・小学生の英語学習は楽しく遊ぶ

学研ゼミは手持ちのパソコンやタブレット、スマホなどで手軽に利用ができる学習教材です。

学研ゼミで幼児や小学生の英語学習をと考える場合「ワンダードリル」「アルファベットストーンズ」を利用することになりますが、楽しく遊びながら英語に触れるという学習スタイルになります。

細かい解説や説明などはありませんので、本格的な英語学習としては不十分かもしれませんが英語に慣れる。幼児・小学生の英語学習の補助教材としてはとても取り組みやすいのではないかと思います。

あや

発音を確認することができるのもいいですよね!

学研ゼミは無料で有料コンテン(ワンダードリル・キッズドリル・学研図書ライブラリー・スマートドリル)が全て1ヶ月利用することができます。

子どもが夢中になる英語教材を探しているなら一度試してみてはどうでしょうか?

全サービス初月無料!【学研ゼミ】