小学校の入学準備に役立つ情報をお届けします。

小学校入学準備

お金のこと

教育費の準備OKですか?小学校入学前に見直したい「教育費」の準備方法

更新日:

小学校入学を目前にし、ランドセルや学用品などの準備が気になりますが、できるだけ早い時期に見直しをしてもらいたいことがあります。

それは「教育費の準備方法」です。

小学校時代はお金があまりかからないため、これからかかる教育費の貯め時なのです。

幼稚園・保育園の保育料の支払で余裕がなかった。というご家庭も、小学校入学を機に「教育費」の準備・見直しをすることを強くお勧めします。

小学校は教育費の貯め時。一番お金がかからない時期である。

公立小学校に入学をした場合、授業料・教科書代などを個々に負担をする必要がありません。

文房具や絵の具セットなどの学用品や給食費の負担はありますが、幼稚園・保育園時代に月々3~4万ほどかかっていた費用に比べると、小学校に通うために必要な費用はかなり少なくなります。

しかし、こんなに費用がかからないのは小学校のうちだけです。中学・高校に進学をすると公立学校であっても小学校までとはお金のかかり方が違ってきます。

公立中学校に進学をした場合にかかる費用

公立中学校に進学をした場合、中学校は義務教育となるため授業料や教科書代の負担はありません。

しかし、ドリル代などの教材費、制服代、部活動費などが必要になってきます。

我が家の次男の中学校入学費用

  • 制服・体操服など 約8万
  • 部活動のユニフォーム代など 約3万円

入学時には制服が必要な学校がほとんどです。入部する部活によってはユニフォーム等の購入、吹奏楽部などの場合は楽器の購入をする場合があるようです。

あやママ

入学時にお金がかかるだけでなく、部活動などで公共交通機関を使う場合はすべて大人料金になります。

男の子も女の子も食欲がアップして食費が上がる家庭が多いようです。

注意ポイント

学習塾に通う場合、平均的な塾の月謝は4万円くらいです。

公立高校に進学をした場合にかかる費用

公立高校に入学をした場合、義務教育ではないため授業料・教科書代などを各家庭で負担をしなければいけません。

授業料に関しては、所得制限ありですが‎高等学校等就学支援金という制度があり負担が軽減されます。

我が家の長男の中学校入学費用

  • 教科書代 約2万円
  • 制服・体操服 約8万円
  • 部活動のユニフォーム代など 約5万円
  • 電子辞書 約3万円

電車やバスを使う場合は交通費がかかります。

中学同様に入部する部活によっては合宿費、必要な用具等の購入に費用が多くかかります。

注意ポイント

大学受験のための塾に通う場合、年間80万程度必要です。

あやママ
塾により費用は異なりますが、年間100万程度かかると考えておいたほうが良いかもしれません。

一般的に「学資」というと、大学・短大・専門学校への進学のための費用として考えられています。しかし、中学生以降は小学生までの子どもに必要なお金のかかり方が今までとは違ってきます。

中学・高校になってからでは遅いかもしれません。お金のかからない小学生のうちに将来に備えてください。

小学校入学は学資の準備方法を見直す良い時期です。

学資保険の加入には年齢制限がある?!今ならまだ入れる保険もある。

お子さんを妊娠・出産をされた時、将来かかる教育費に備えて「学資の準備方法」を検討されたご家庭が多いと思います。

学資の準備方法は各家庭によっていろいろだと思いますが、準備方法の1つとして多くのご家庭で加入をされているのが「学資保険」です。

 

学資保険は確実に元本割れすることなく、教育費の準備ができます。

貯金と違っておろしにくい、解約しにくいので、お金を貯めることが苦手な方にはとてもおススメです。

しかし、この学資保険はいつでも入れる訳ではなく、被保険者となる子どもの年齢に制限があるのです。

被保険者の年齢制限は各保険会社の商品により異なります。

保険会社名 商品名 加入できる被保険者の年齢
フコク生命 みらいのつばさ 0歳~7歳
ソニー生命 学資保険 0歳~7歳
JPかんぽ生命 学資保険 はじめてのかんぽ 0歳~12歳
日本生命保険相互会社 ニッセイ保険学資 0歳~6歳
アフラック 夢見るこどもの学資保険 0歳~7歳
あやママ
多くの学資保険が7歳くらいまでしか加入することができません。早めの見直しをお勧めします。

小学校入学前には学資の準備の見直しを

月々の負担額が大きかった幼稚園・保育園時代が終わり「いちばんお金がかからない」時期と言われる小学生時代に入ります。

小学校を卒業すると、中学・高校、そして大学・短大・専門学校へ進級することになります。

中学校は義務教育ではありますが、部活動の費用、塾などの学習費用、そして公共交通機関の運賃が大人料金になるなど小学生時代とはお金のかかり方が違ってきます。

そう考えると、小学生時代はまさに貯め時なのです。

ポイント

幼稚園・保育園にかかっていた費用の一部を近い将来に必要となる学資の一部として貯蓄していくことを強くお勧めします。

小学校入学といった節目には教育費の準備方法だけでなく家庭全体での保険などの見直しをすることもお勧めです。

保護者の死亡保障が少ないと感じた場合、学資保険の代わりに低解約返戻型の終身保険などを利用して学資の準備をすることも検討をしましょう。

-お金のこと

Copyright© 小学校入学準備 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.