2023年入学者向けランドセルカタログ請求開始! 資料請求先一覧はこちら

【買い替え必要?】ランドセルが壊れた。気が変わった。ケース別おすすめ対策はコレ!

ランドセルは、非常に高い買い物です。しかし、6年という長い期間使うので買い替えって必要?という疑問もでてくるのではないでしょうか?

ランドセルを買い替えた。という話はほとんど耳にしないと思いますが、実際に買い替えている人も少なからずいます。

もし、これはランドセルを買い替えなければいけない?!という事態になった場合のケース別の対応策を紹介します。

目次

ランドセルが壊れた。買い替えなければいけないの?

ランドセルが壊れてしまっても、買い替えを検討するには早いです。

ランドセルが壊れた場合は、修理をする方向性で考えましょう。

ランドセルメーカーの無料保証

ランドセルには基本的に、メーカーの6年間無料保証があります。

ランドセルの壊れ方によっては有料になってしまうこともありますが、買い替えと比べて非常に安く済みます。確実に修理ができるため、オススメです。

保証書が手元に無い場合には、ランドセルのモデルや注文・購入した記録があれば、無料保証を受け付けてくれることも多いようです。問い合わせてみましょう。

ランドセルの故障を自分で修理してみる

肩ベルトの故障や表面の傷などであれば、自分で修理することもできます。

肩ベルトが切れてしまった場合には、革用のボンドで接着したのち、頑丈な糸で縫い合わせることで修理が可能です。(できる限りメーカーへ修理を依頼してください。)

表面の傷は、クラリーノなどの人工皮革であれば、油性マーカーで傷を隠すことができます。

牛革などの天然皮革であれば「味が出てきた」と思えるかもしれません。しかし、天然皮革の傷が気になるようであれば、素材に適したクリームやオイルを塗りましょう。

子どもの気が変わる

お子さんの気が変わって、別のランドセルを欲しがることもありますよね。とは言え、ランドセルは高い買い物です。

お金をかけずにお子さんの気まぐれを上手く回避するには、ランドセルカバーがオススメです。

ランドセルカバーを付ける

ランドセルカバーを付けることで、安く、手軽にランドセルの印象を大きく変えることができます。

お子さんが好きな色や絵のランドセルカバーを探して、お子さんの気まぐれが落ち着くのを待ちましょう。

ランドセルカバーを付けておくことで、6年間使うランドセルを傷から守ることもできます。また、目立つ色のランドセルカバーを選ぶことで、交通事故の回避に繋がります。

お子さんの気まぐれは、一時的なものです。多くの場合、時間が経てば落ち着きます。特に、入学直後に違うランドセルを欲しがっている場合、他の子のランドセルに魅かれているのでしょう。

買い替えるなら、今のランドセルは売ってしまう

ランドセルは売ることができます。

付属品が揃っていて状態の良いもので、買い取り相場は4~5万円になります。数万円の出費は避けられませんが、少しでも負担を減らすため、ランドセルを売ってしまう方が良いでしょう。

ランドセルは毎年、モデルが更新されます。年明けには新モデルの発売が近づき、今のランドセルの買い取り額が大きく下がってしまいます。

綺麗な状態を保っていることも大切ですが、買い替えるつもりであれば、年内には買い替えてしまいましょう。

買い替えるときに意識すること

ランドセルを買い替える場合には、以下のことを意識しておきましょう。

今のランドセルの何が嫌だったのか・どういうランドセルが良いのか

嫌なものから嫌なものに買い替えても意味がありません。今のランドセルの嫌なところや、どういうランドセルが欲しいのかを、お子さんからしっかり聞き出しましょう。

特に、「○○ちゃんと同じランドセルが良い」と言っている場合、そのランドセルのメーカーや色、デザインを確認しておくことで、より良いランドセルを見つけることができます。

今のランドセルを選んだとき、他に気になっていたランドセルの特徴

今のランドセルを選ぶとき、他に悩んでいるランドセルはありませんでしたか。そのランドセルと悩んでいた理由も、新しいランドセルを選ぶときの参考になります。

重さやサイズ、デザインなど、後悔のないランドセルを見つけましょう。

人気モデルは春先以外、在庫が無い

ランドセルの人気モデルは、4月から6月の間に売り切れます。お子さんが欲しがっているランドセルが人気のモデルだった場合、似たデザインのランドセルを探す必要があります。

また、4月から6月以外の時期に買い替える場合、ランドセル販売のピークには売れなかったランドセルしか無い場合がほとんどです。次の新1年生の方が新しい可愛いモデルのランドセルを持っているという可能性もあるでしょう。

「買い替える理由」「買い替えない理由」を教えるのも大切な教育

ランドセルが壊れたときに修理に出すのか買い替えるのか、気が変わった時に我慢させるのか買い替えるのか。どちらにせよ、この選択は教育の一部となります。

金銭面や教育のことも考えて、どうするのかを選択しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる