小学校の入学準備に役立つ情報をお届けします。

小学校入学準備

もしもの時に備える

小学生になるなら確認したい。自転車事故、物の破損、怪我をさせてしまったときの備え【個人賠償責任保険】

更新日:

小学生なると行動範囲が急激に広がります。

今までは近所のお友達、幼稚園や保育園のお友達など親の知っているお友達、親と一緒に行く公園や児童館などでの遊びがほとんどですが、小学生になると自分達だけで行動し親もびっくりするような行動・経験をするようになります。

それは行けないことではなく、むしろ子どもにとっては成長する過程で大切であり貴重な経験となります。

しかし、そういった行動と隣り合わせとなるのが「もしも、万が一の事態」です。

何もないことが一番ではありますが、万が一のことが起こった時の備えとして「個人賠償責任保険」への加入・契約内容の確認をしておきましょう。

もしもの時に備える「個人賠償責任保険」とは

「個人賠償責任」保険とは、

個人またはその家族が、日常生活で他人にケガをさせてしまったり、物を破損をしてしまった時に保障をしてくれる保険です。

あやママ
加入者の家族に対しても保障がされるため、保護者が加入をすることで子どもの万が一のトラブルや事故にも利用することができます。

個人賠償責任保険が保障してくれること

具体的に個人賠償責任保険がトラブルのどのような保障をしてくれるか確認をしておきましょう。

  • 他人に怪我をさせてしまった
  • 自転車で人にぶつかって怪我をさせてしまった
  • 石を投げて窓を割ってしまった、車を傷つけてしまった

など。他には、ペットが人を噛んで怪我をさせてしまった、水漏れにより階下に損害を出してしまった。など。

特に心配な自転車事故

小学生になると子ども同士で自転車で出かけるケースが多くなります。

子ども自身が事故の被害者になるケースも心配ですが、相手にケガをさせてしまうことも少なくはありません。

自転車事故の加害者となった場合、多額の治療費・賠償金が必要となる場合もあります。死亡、高度障害が残るような事故を起こしてしまうと賠償金の支払のため家族が崩壊してしまことになりかねません。

子どもの自転車事故の事例

  • 加害者:19歳 高度の後遺症が残る怪我をさせた。賠償金 約5,000万円
  • 加害者:小学5年生 寝たきり・意識が戻らない状態になる 賠償金約9,500万円
あやママ

交通ルールを守る、安全な走行をするなどを徹底させるのは当たり前のことですが、それを守っていても万が一のことは起こる可能性があります。

その万が一の事に備え、個人賠償責任保険の加入をしておきましょう。

個人賠償責任保険の加入

個人賠償責任保険は「自動車保険」や「火災保険」、「クレジットカード」に付帯していることが多いです。

重複して加入すると保険料の無駄になるので、まずはすでに加入をしている損害保険などをすべて確認するようにしましょう。

どの保険にも付帯されていない場合には、保険相談の窓口なので相談をして個人賠償保険の加入をすることをお勧めします。

個人賠償責任保険の保険料は?各社によって内容は違うの?

個人賠償責任保険の保険料は月々1,000円程度のものがほとんどです。

また個人が起こした損害を補償するという点ではどこの保険会社も同じのなのですが、保証の上限額がきまっていたり、示談交渉サービスが付かないものもあります。

すでに加入をしている保険に付帯している内容では不十分な場合には新たに加入を検討したほうが良いケースもあるかもしれません。

小学生になったら「もしもの時」の保障を再確認しよう

幼稚園や保育園時代にもお友達にケガをさせてしまったり、物を壊してしまったりというトラブルはありますので、それに対応できる個人賠償責任保険や園児総合保険などに加入をされていた方はいらっしゃると思います。

小学生になると常に大人と一緒に行動するわけではなく「子ども」だけの行動も増えるため、今まで以上にトラブルなどは起こりやすくなります。

慎重に注意を払っていても、起こってしまうあらゆる事故。

個人賠償責任保険は月々1,000円程度から家族全員を保障してくれます。

家族を守るためにも個人賠償責任保険の確認・加入を行いましょう。

-もしもの時に備える

Copyright© 小学校入学準備 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.