2023年入学者向けランドセルカタログ請求開始! 資料請求先一覧はこちら

牛革?クラリーノ?コードバン?ランドセルの素材の種類を確認しよう。

ランドセルの「素材」はランドセル選びのポインとの1つになります。

ランドセルに使われる素材には、人工皮革や牛革などいくつか種類がありそれぞれ特徴もありますのでランドセル選びの1つのポイントとなります。

大人の鞄であれば、皮製品が高級感もあって長く使える。というイメージがありますが、果たして子どものランドセルを大人の持ち物の基準に合わせてしまっても良いのかどうか?!

代表的なランドセルの素材を知ると、子どもにピッタリのランドセルの素材がわかりますので素材の特徴などをご紹介します。

目次

ランドセルの素材は主に3つ

ランドセルに使われる素材は大きく分けると下記の2つです。

  • 人工皮革
  • 天然皮革・・・牛革、コードバン(馬革)

人工皮革は天然の皮革のように人工的に作られた素材です。天然皮革は牛や馬の本当の皮のことです。

ランドセルに使われる天然皮革には、牛革とコードバン(馬革)があります。

ランドセルに使われる人工皮革は主にクラリーノと言われる素材です。

ランドセルに使われる主な素材
  • 人工皮革
  • 牛革
  • コードバン(馬革)

人工皮革・牛革・コードバンの3つの素材のうち、ランドセル購入者の約8割が選んでいる素材は『人工皮革』です。

人工皮革の中でも一番人気は「クラリーノ」。

初めてのランドセル選びの方でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

人工皮革と天然皮革には、近い構造でも異なる性質が多く見受けられます。「どちらか一方があらゆる面で優れている」という訳ではないため、良し悪しを把握して、ランドセル選びに挑みましょう。

一番人気の人工皮革の特徴は?

人工皮革とは本革の構造を模して、特殊な合成繊維でつくった不織布をベースにポリウレタン樹脂で加工した素材です。

ランドセルに使われる人工皮革には下記のようなものがあります。

  • クラリーノ
  • アンジュエール
  • ベルバイオ

この中でもランドセルで最も多く使われている人工皮革は「クラリーノ」についてチェックしておきましょう。

ランドセル素材のトップシェア クラリーノとは?!

クラリーノは株式会社クラレが開発し、作っている人工皮革です。

人工皮革のメリット
  • 軽い
  • 雨に強い
  • 傷に強い
  • お手入れが簡単
  • 色やデザインのバリエーションが豊富
人工皮革のデメリット
  • 使い込んだような味は出ない

子どもが使うものなので、軽くてお手入れがしやすいというのがクラリーノがランドセルの素材として支持されている大きな理由です。

クラリーノの種類

クラリーノには細かく分けると6つの種類があります。

  • クラリーノ
  • クラリーノエフ
  • クラリーノレミニカ
  • クラリーノタフロック
  • クラリーノリピュート
  • クラリーノロベニカ

クラリーノをベースとし、さらに機能を加えた素材が展開されています。

クラリーノ

軽さ・丈夫さ・お手入れのしやすさという特徴を持った素材。

人工皮革は合成皮革と違い、不織布層使っています。

不織布層は薄い繊維シートを何枚も重ねた不織布を合成樹脂などで接合したものです。

不織布層は伸び縮みすることができるため、引っ張り・引き裂き・折り曲げに対応する力があります。

また、水にも強いため雨による型崩れなどはなく、お手入れも中性洗剤と水拭きだけできれいになります。

クラリーノエフ

クラリーノをベースにして、表面の質感をより牛革に近づけた素材です。

クラリーノエフにはさらに種類があります。

  • クラリーノエフ
  • クラリーノエフ2・・牛革のような光沢、しわを抑えた素材
  • クラリーノエフ3・・光沢をのこしたまま牛革のようなしわを抑えた素材

クラリーノエフの撥水性を高めたのが「クラリーノエフ レインガード」です。

  • クラリーノエフ レインガードFα・・・革の風合いを持たせた素材
  • クラリーノエフ レインガードFx・・・艶のあるシボ感で本革の風合いを持つ
  • クラリーノエフ レインガードニューモST・・・フィットちゃんランドセル独自のクラリーノ素材

クラリーノレミニカ

クラリーノをベースにしてさらに表面の耐性を高めています。

ツヤツヤした質感のため、女の子向けのパール調のランドセルに使われています。

クラリーノタフロック

レミニカよりも強度が強い素材。

傷にとても強く、男の子向けのランドセルに使われています。

クラリーノタフロックNEO

クラリーノの中で最も丈夫で強い。

クラリーノリピュート

表面がメタリック調になっているクラリーノです。

メタリックカラーの個性的なランドセルの素材として使われています。

クラリーノロベニカ

通気性のよいクラリーノで、背あてや肩ベルトの部分に使われています。

ランドセルも本物志向 天然皮革の特徴は?

天然皮革は、牛革をはじめ馬やヤギの革を指します。現在流通しているランドセルの内、約2割が天然皮革のランドセルです。

ランドセルに使われる天然皮革は、牛革・コードバン(馬革)になります。

牛革には、スムース、ボルサ、ヌメ革などがあります。

コードバンは馬のお尻の一部で、一頭からランドセルのカブセ(蓋の部分)2つ分しかとれない貴重な素材です。美しい艶と高級感がある手触りが特徴

革は使いこめば味が出る。と言われていますが、ランドセルで使われる天然皮革は防水加工されることにより「味が出る」ということは無いそうです。

「味が出る」ランドセルと感がえるなら防水加工のされていないヌメ革などになります。

天然皮革のメリット
  • 高級感がある
  • 革の耐久性が高い
天然皮革のデメリット
  • 重たい
  • 雨に弱い
  • お手入れが必要
  • 値段が高い
素材の強さお手入れ重さ耐水性カラー
デザイン
値段
人工皮革
牛革
コードバン
一番高い

上記に3つの素材の特徴を簡単にまとめました。人工皮革が一番人気であることがお分かりいただけると思います。

しかし、軽くて安くてお手入れ簡単だから人工皮革!という選択ももちろんアリですが、自分の持ち物を大切に丁寧にお手入れをしながら使って欲しい。という想いなどで、牛革やコードバンを選ぶ方もいらっしゃいます。

子どもの性格や保護者の方の思いから素材選びをしてみてみるのがおススメですよ。

人工皮革と天然皮革の見た目

天然皮革は見た目の高級感が特徴です。人工皮革が安く見える訳ではありませんが、大量生産されている人工皮革とは違い、生産数の限られる天然皮革は特別感が演出されています。

具体的な違いとしては、光沢や艶感をはじめ、使うほどに味が出るという経年変化(エイジング)も、天然皮革ならではの見た目の特徴です。

流通しているランドセルの約8割が人工皮革のランドセルということから、多くの人が見慣れているのも人工皮革のランドセルでしょう。だからこそ天然皮革のランドセルには、より高級感や渋さ、特別感が演出されています。

人工皮革と天然皮革の性質

素材の性質という観点では、以下のような違いがあります。

  • 耐久性、キズへの強さ
  • 耐水性、手入れの面倒さ
  • 重さ
  • 希少性

耐久性、キズへの強さ

人工皮革と天然皮革では、耐久性に大きな差ができています。人工皮革は天然皮革の構造を模して作られたため、本物の天然皮革には劣ってしまうのが現状です。

近年では、人工皮革の耐久性も格段に向上しています。「天然皮革ではないから6年間綺麗に使えない」ということもありません。

ただ、天然皮革のランドセルの方が、6年後でも形状を保っている場合が多いように見受けられます。

耐久性では天然皮革が優れている反面、キズへの強さは人工皮革の方が優れています。

キズを「経年変化による味」として捉えられるか、耐久性が少し劣ってもキズへの強さを気にするかによって、どちらの素材のランドセルにするかを決めるのも良いでしょう。

耐水性、手入れの面倒さ

天然皮革を水に弱いです。雨や湿気の対策や手入れが欠かせません。

近年では、防水・撥水加工が施された天然皮革のランドセルも増えています。しかし、人工皮革ほどの耐水性は期待できません。

雨の日の帰宅後や、卒業後の保管など、親が手入れをしなければならない場面も多いです。ランドセルカバーをしたり雨をふき取ったりする他に、定期的なブラッシングなども、天然皮革のランドセルには必要となります。

天然皮革のランドセルを購入した家庭の全てが手入れをしているとも限りません。また、人工皮革だから手入れ不要という訳ではありません。

取り扱いが楽なのは人工皮革ですが、手入れは個人のさじ加減によるものです。「とりあえず乾燥剤を忍ばせておくだけ」という口コミをしている人もいるため、天然皮革だからと言って身構えるほどではないのかもしれません。

ひとつの目安として、日常生活の中にランドセルの手入れをする余裕があるかないかによって、ランドセルの素材を決めても良いでしょう。

ランドセルの重さ

人工皮革は比較的軽いです。その差は200g程度ですが、お子さんの体感としては大きな違いになります。

自宅と学校が遠い場合には人工皮革か、天然皮革の中でも比較的軽い牛革のランドセルを選ぶと良いでしょう。

また、自宅と学校が近い場合でも、小柄なお子さんには人工皮革がオススメです。

希少性

天然皮革は希少です。大量生産できる人工皮革との価格差も生まれます。

ランドセルの相場は4~6万円です。人工皮革と天然皮革の価格差はおおよよ2万円からと考えて良いでしょう。しかし、馬やヤギから取れる天然皮革はより高級であるため、10万円以上のランドセルもあることには注意が必要です。

また、流通量が少ない天然皮革のランドセルは、早く売り切れてしまう傾向にあります。ランドセル選びのピークが5月~6月です。天然皮革のランドセルを検討している場合は、4月後半辺りから2か月以内にランドセルを購入することをオススメします。

ランドセルの素材のお勧めは人工皮革

ランドセルの素材には

  • 人工皮革
  • 牛革
  • コードバン

の3つがあることをご紹介しました。

この中で、いちばん人気があり、そして一番お勧めなのが軽くて丈夫な「人工皮革」です。

人工皮革は使い込んだような味や温かみは出ませんが、雨水や傷にも強いので6年間ほぼ問題なく使えることがほとんどです。

本物志向の方には、人工皮革ってどうなの?!と思ってしまいますが、ランドセルはあくまでも「子どもが使うもの」ということを考えて素材選びをしたいですよね。

また、素材選びがランドセルの予算を左右します。ランドセルの値段が『人工皮革 < 牛革 < コードバン』 となっていることも知っておきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる