2023年入学者向けランドセルカタログ請求開始! 資料請求先一覧はこちら

新学習指導要領「生きる力」。小学生の教育は何が変わるの?

2020年3月、新学習指導要領「生きる力」が文部科学省より公示されています。

小学校での英語教育・プログラミング学習の必須化など小学校での学習がどんどんと変わってきています。

「小学校での学習内容が変わる」という話を耳にして少し不安に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この新しい学習指導要領で小学生のお子様の学びがどう変わるのか、「生きる力」とは何か、ポイントをご紹介します。

目次

学習指導要領とは何か? 

学習指導要領とは、全国どこの学校でも一定の教育が受けられるように、文部科学省が定めている教育課程のことです。

学校の教科書や時間割はこれを基に作られています。

文部科学省は、社会の変化に応じて子供たちが生きていくために必要な資質や能力を見直しており、おおよそ10年に1度、学習指導要領を改訂しています。

2020年度~2022年度にかけ、改定された学習指導要領がスタートします。つまり、ちょうど見直しのおよそ10年にあたる年なのです。

  • 小学校:2020年度~
  • 中学校:2021年度~
  • 高等学校:2022年度~

ちなみに新しい幼稚園教育要領は2018年度~となっています。

2020年度からの学習指導要領では、インターネットやIT・AI技術の発展によりもたらされた変化の激しい社会を、自ら課題を見つけ、自ら学び、考え、判断して行動し、それぞれに思い描く幸せを実現してほしい、という想いが込められています。

変化の激しい時代で求められる「生きる力」なども定められています。

新学習指導要領で求める「生きる力」とは?その背景は?

新学習指導要領では、「生きる力」を“知・徳・体のバランスの取れた力”と表現しています。

“知”とは基礎基本を身につけ社会が変化しても、自ら課題を見つけ、学び、判断し、行動し問題を解決する力を意味します。

“徳”はと自らを律し他者と強調し、他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性です。

“体”とはたくましく生きるための健康や体力をつけることを表しています。

これまでのように知識があれば一人でも答えが出ていたシンプルな社会とは異なり、複数の要因が絡み合った変化の激しい社会では、見えにくい課題を自ら見つけ、複数の仲間(個性)が持つ複数の考え方を的確に伝え合い、認め合い、組み合わせながら優先事項を判断・行動し、課題を解決していく力が必要になります。

ときに長期に及ぶ場合もあり、たくましく生きる強さや体力も必要となるのです。これらが「生きる力」です。

ちなみに、「生きる力」という言葉が学習指導要領に登場したのは1998年・1999年の改訂のときで、今の学習指導要領の基本となっているものは、2008年・2009年に改訂された学習指導要領での「生きる力」となっています。

新学習指導要領で小学生の教育はどう変わるのか。

 「生きる力」を育むために、小学生の学校での教育はどう変わるのでしょうか。変化のある部分を見ていきましょう。

言語活動の充実

国語を軸として、各教科で論理的な考え方や豊かな感性、コミュニケーション能力、表現する力を育むことを重視。

自分で調べてきたことを生徒同士で話し合ったり、それを実感の伴う言葉で発表したり、話し合いにより考えを深めたりする授業が展開されます。

理数教育の充実

観察や実験などから科学的に答えを導く力を育て、データの分析から課題を発見し、解決の糸口をつかむ統計的な力を育みます。

インターネットやタブレット端末を活用した実験や観察が導入されるなど、より深い分析へと進みます。

伝統や文化に関する教育の充実

 日本の伝統や文化を受け止めて、国際社会で活躍できることを目指します。武道の指導もこれにあたります。

道徳教育の充実

世の中のことを自分事として捉え「考え、議論する」道徳心を磨き、人間性を育みます。

これまで「道徳の時間」として読むことが中心であったものが「教科としての道徳」となり、考え、議論する時間が重要視されるのです。

体験活動の充実

子供たちの社会性や豊かな人間性を育むため宿泊学習を行います。

プログラミング教育

課題をとらえやすく分解し、解決の手順を考える「プログラミング的思考」で課題解決力を育てます。

これまでプログラミング教育は実施が任意であったため、行っていなかった学校もありましたが、今回の改訂で必修化され、算数や理科などの授業の中で実施されます。

授業内では、プログラミング的思考を学びつつ、タブレット端末を活用した実際のプログラミング体験も行います。

英語語教育

将来、多様な人間と関わるための英語のコミュニケーション能力を高めるため「聞く」「話す」「読む」「書く」の四技能を「聞く」「話す」に重きを置いて学び、中学校へのスムーズな接続を目指します。

これまで小学5・6年生に向けて行っていた外国語活動(成績はつかず英語に親しむ時間)が小学3・4年生に前倒され、小学5・6年生は教科としての英語がはじまり、成績がつくようになります。

ただし、小学5・6年生の英語は、中学生で習う英語の前倒しではなく、あくまで「聞く」「話す」に重きを置いたものになります。

まとめ

学習指導要領やその中での「生きる力」、新学習指導要領での学校教育の変化についてご紹介しました。

学習内容が変化したり増加したり身構えることもありますが、ご家庭では、お子様の「わかることは楽しい」という学ぶ意欲を引き出し、サポートしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる