小学校の入学準備に役立つ情報をお届けします。

小学校入学準備

学研ゼミ

学研ゼミ【スマートドリル】は教科書対応。口コミや評価は?

更新日:

「学研ゼミ」の学習コンテンツの中でも「スマートドリル」は教科書対応で、学校の授業の復習に最適です。

小学生の家庭学習で一番大切なのは学校の授業の復習です。

タブレットを使って楽しく復習ができる学研ゼミのスマートドリルは、安くて楽しくて子どもからも保護者からもとても評価が高いんです。

なかなか自分からドリルに取り組まない子、タブレットで学習させてみたい。という方には学研ゼミがおすすめです!

あやママ
家庭学習の保護者のマル付けが負担に感じるご家庭にもタブレット学習はおすすめです!

スマートドリルは月々500円から利用でき手持ちのタブレットやパソコンで学習ができるので、負担も少なく始めやすいのも魅力です。

スマートドリルってどんなものか、スマートドリルを実際に使っている方の口コミなども確認をしてみましょう。

スポンサーリンク

学研ゼミスマートドリルってどんなドリル?

学研ゼミの小学生・中学生向けの教科書対応のドリルが「スマートドリル」です。

スマートドリルのおすすめポイント

  • 苦手科目を克服できる
  • 短い学習時間で継続しやすい
  • 応用力が身につく

基礎的な学力を身に付けたい子ども達のためのドリルです。教科書対応になっているので、学校の授業対策にも使うことができます。

設定画面で、対応させたい教科書を選ぶことができます。

学研ゼミスマートドリルの料金

  • 小1・小2 月額:500円(税抜き)
  • 小3~中3 月額:1,000円(税抜き)

1学年19,000問以上収録されています。

学研ゼミスマートドリルの対象年齢と科目

対象年齢:小学1年生から中学3年生

  • 小1・小2 国/算
  • 小3~小6 国/算/理/社
  • 中1~中3 国/算/理/社/英

スマートドリルは1年分の問題が一度に配信されるので、どんどん進めたい子は自分のペースで先取り学習も可能です。

また、、該当する学年以外の学年のドリルを申し込むこともできます。

スポンサーリンク

学研ゼミスマートドリルの詳細

学研ゼミのスマートドリルには続けられれる工夫がされています。

スマートドリルは4つのステップで学習内容を定着させます。

  1. 通常ドリルで基礎力向上
  2. 解きなおしドリルと解説ムービーで定着
  3. プリント教材で応用力アップ
  4. 定着度チェック

あやママ
プリント教材は印刷して使います。タブレット学習だと紙に書くことがおろそかになってしまわないか心配ですが、その点が配慮されていますね!

通常ドリルで基礎力向上

スマートドリルでは教科書に準拠した問題で基礎学力を向上させることができます。

  

あやママ
低学年の家庭学習はマルつけを保護者がしなければいけないので、タブレット学習ならマル付けの必要がなく便利ですね!

文字入力はキーボードを使用せずに、マウスや手でなぞるだけで入力ができるように対応されています。

メモ

パソコンでもスマートドリルは利用できますが、タブレットやスマートフォンを使ったほうが使いやすいです。

解きなおしドリルと解説ムービーで定着

間違えた問題はそのままではなく、問題によってはわかりやすい解説ムービーが用意されています。

解きなおしドリルもあるので、間違えた問題を正しく回答ができるよう定着させることができます。

プリント教材で応用力アップ

応用問題は印刷ができるようになっています。

タブレット学習の心配点である「書くことが足りない」を補うことができます。

印刷ができる問題の画面には【プリント】と表示がでます。それをクリックまたはタップすると印刷ができるPDFファイルが表示されます。

定着度チェック

確認テストでしっかり成果をチェック。十分な成績になると、自動的に次の単元へ進みます。

スマートドリルなら学習計画も立てられる

スマートドリルは学習計画を立てることができます。

どれくらい学習をしたのか?という確認もわかりやすいグラフで確認することができます。

あやママ
保護者向けにはメールで学習時間を知らせてくれます。

タブレット学習だけでなく、子どもにとってはえんぴつを持って書いて解くことも大切です。

学研ゼミと併用するならこのドリル

スマートドリルと併用するなら【文理 教科書ワーク】がおすすめです

学研ゼミの公式テキストです。

教科書に完全対応しています。我が家もこのドリルを使っていますが、学校でのテスト(先生が作るものではない、業者作成のもの)はこのテキストそのまんまでした。

created by Rinker
¥562 (2018/10/16 15:11:54時点 Amazon調べ-詳細)

あやママ
何度もテストに出てくるというのはとても大切なポイントということですよね。
学校のテストも含めて繰り返し確認ができる文理の教科書ワークはとてもお勧めです。

我が家でも教科書ワークを使っていますが、ボリュームもそこそこあり、全科目購入して結局やりきれなかった経験があります。

例えば、国語と算数は教科書ワークと併用する。理科と社会は学研ゼミだけにする。など、学習量を調整してみると良いかもしれませんね。

 

お子さんによっては、課題の量が多すぎるとかえって意欲を無くしてしまう場合もあります。楽しく取り組める程よい量と環境を用意してあげましょうね。

学研ゼミスマートドリルの口コミ

学研ゼミのスマートドリルを利用されている方の口コミをいただきました。

Q お子さんの年齢(学年)は何歳ですか?
9歳
Q なぜ学研ゼミを使おうと思ったのですか?
繰り返し学習や基礎力の定着
Q 学研ゼミを使ってみた感想は?
現在は中学受験のための進学塾に通っている息子ですが、小学校1・2年の間、学研のスマートドリルを活用していました。

息子がスマートドリルを始めたきっかけは4つ。

一つ目は毎日少しの量でもコツコツを勉強することの大切さを早期に知ってほしかったことと、それを習慣にしてほしかったこと。

二つ目に価格が安く、スタートさせるのが手軽だったこと。

三つ目に塾に行かずとも家にいながら学習できること。

四つ目に飽きっぽい息子でもタブレットという形状のために、楽しみながら学習できると思ったことなどが理由です。

実際使ってみると、一日の学習量は子供に負担のない程度ですので、自ら率先して勉強する習慣が早期にできましたし、その内容も基礎ばかりでなく、しっかりとステップアップして応用力まで身に着きます。

タブレットでの学習ですので、子供も興味を持って毎日学習してくれますし、それを見る保護者の私も理解度や進捗状況が一目で分かって、思っていた以上に便利な教材でした。毎日スマートドリルをやっているおかげか、学校の授業にも意欲的になり、勉強することの楽しさを見出してくれたようです。

低学年でスマートドリルをしっかり学習していたことで、その後中学受験塾に入塾してからも毎日自学自習できるようになりました。

勉強の積み重ねの重要性や楽しさを教えてくれたのは、スマートドリルだと感じています。

Q お子さんの年齢(学年)は何歳ですか?
6年生
Q なぜ学研ゼミを使おうと思ったのですか?
費用が安くて、分かりやすい仕様になっていたので子供が気に入りました
Q 学研ゼミを使ってみた感想は?
学研ゼミのメリットは子供が一人でも学習しやすいように、また興味を持つもうに工夫してあることろです。

タブレットひとつで全教科を進めることができるので教材がごちゃごちゃせず、また勉強した成果に応じて賞品などのおまけがあり子供は意欲的に取り組んでいます。個人のアバターも用意されていてゲーム感覚で勉強ができるのが子供には楽しいようです。

ドリルは教科書対応で、学校の授業に合わせているので、基礎が身につけやすいです。つまづいたら前に戻れるので安心して取り組めます。
親も丸つけの必要がありませんし、勉強状況も把握することができるので大変便利です。

復習だけでなく、先取り学習もできるので得意な分野はどんどん先に進め、自分好みに進められるのもいいところです。
デメリット低学年程度の学習には十分魅力的なんですが、高学年には物足りないように感じました。

また漢字などは読みはできても、書きがうろ覚えで身につけることができませんでした。

最大のデメリットは分からない問題があると考えようとせず、すぐに答えをみてしまうことです。なぜそうなるのか?を考えなかったり、自分で調べることもおろそかにするようになりました。

最初は楽しんでた学習も、最後は親が言わないとやらないようになってしまい、習慣づかなかったので辞めました。

Q お子さんの年齢(学年)は何歳ですか?
9歳
Q なぜ学研ゼミを使おうと思ったのですか?
自分も子供のころ使っていてよいと思ったため
Q 学研ゼミを使ってみた感想は?
今の学研ゼミには、昔のような教材とは進化していてタブレットでもできるようなものもありとても魅力的だと感じました。

わたしが子供のころに利用していたころは教材も雑誌のようなものがほとんどでほぼ読み書きをするなどして覚えるものがほとんどだったのですが、今では教育の仕方もだいぶ手軽になったのだなと感じます。

心配なのはデータ内での学習がほとんどなので昔ながらの方法である実際の紙に書いて覚える方法ではないので例えば漢字を覚える場合にも読めても書けないなどの問題が発生してしまうのではないかと感じています。

データでの情報伝達が頻繁に行われる今の時代では、もっとも適している方法だと思いますが、従来の重たい辞書を持ち運んで学習することがないのでその点は少し心配になっています。

今の時代に言えることなのかもしれませんが、ものの重みがなくなった分便利にはなったのですが、どこか思いやりの感じない方法のように感じます。

そんななかでもわたしがいいと思ったのは小学校3年から4年のスマートドリルです。

これは教科書対応のドリルで一日10分から15分程度の学習で身に就くのが魅力的です。また紙に書く学習方法を行いたい場合にもプリントアウト機能を利用できるのでわたしの心配する問題もないようなので安心です。

0円から始められるタブレット学習 学研ゼミのスマートドリルを使ってみよう!

小学生の低学年~中学年くらいの家庭学習のネックって、丸付けと解説で学習はありませんか?

勉強はさせたいけど、丸付けに時間を割かれたり、分からない問題をうまく解説してあげられないこともありますよね。

でも、学研ゼミならプリント教材以外は自動で丸付けをしてくれるので親の負担がぐんと減ります。

小学生高学年~中学生になると、文字を書くこと・丸を付けることに時間を割いてしまうデメリットが解消されます。

  • 字を丁寧に書こうとするばかりに、学習が進まない子
  • 答えをついついみてしまうこ子
  • 丸付けを適当に済ませてしまう子

効率アップさせて学習することができそうです。

タブレット学習ができる教材はたくさんありますが、その多くは専用タブレットを購入しなければいけなかったり、ドリル以外の副教材もすべて配信されてしまうので月々の利用金額が高くなってしまいます。

学研ゼミは手持ちのタブレットやスマホで利用ができ、必要なドリルだけ利用することができます。

あやママ
スマートドリルだけの利用なら月々500円ですからとても魅力があります!

学研ゼミは初めの1ヶ月は無料ですべての有料サービスを利用することができます。

クレジットカードなどの支払い情報を登録しなくても利用できるので、知らない間に料金が発生していた!なんて心配も不要です。

スマートドリルを実際に使ってみてくださいね!

→ 学研ゼミ

-学研ゼミ

Copyright© 小学校入学準備 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.