小学校の入学準備に役立つ情報をお届けします。

ランドセルの選び方など気になる小学校入学準備をサポート!|小学校入学準備

家庭学習

小学1年生の通信教材を比較。選び方のポイントなどを紹介します。

小学生になると学習面がとても気になりますね。

多くのご家庭では学校以外の学習環境を用意することが多いようです。

英語教室、塾、公文など週に何度か通って学習する方法もありますが、手軽に始められ、低価格で利用ができる通信教材はとても人気です!

塾に行くのはまだ考えていないけど、家で勉強ができる通信教材を考えているという方のために、おすすめの教材や選び方などを紹介したいと思います。

小学1年生の通信教材は紙の教材がおすすめ

最近の通信教材には2つタイプがあります。

  • 紙の教材
  • タブレット教材

どちらもメリットデメリットがあるのですが、小学1年生の家庭学習には紙の教材をお勧めします。

あやママ
タブレット教材がダメというわけではありません。

紙の学習教材ならコミュニケーションツールにもなる

タブレット教材の最大の魅力は保護者が採点をしなくても良いところ。

紙の教材を利用した場合、小学1年生ではまだ自己採点ができないので保護者が丸付けをして分からないところを説明してあげる必要があります。

小学校低学年くらいまでに保護者とコミュニケーションを多くとり信頼関係をしっかりと築くことが大切といわれています。

丸付けを通してコミュニケーションが多く取れるので、紙の教材がおすすめです。

あやママ
親子の信頼関係がしっかり築けているとのちに学力がよく伸びるそうですよ!

紙の学習教材なら字を書く練習にもなる

最近のタブレットのペンはよくなってはきていますが、「文字を書く」という点では紙の教材とイコールとは言えません。

小学校低学年のうちは文字を書くことも学習です。

これらの点から低学年のうちは、紙の教材のほうがおすすめなのです。

タブレット教材は端末代が必要になる場合も

タブレット教材の場合、条件によってはタブレットの端末費用が別途必要となってしまいます。

あやママ
継続して学習できるかわからない!ということも考えると、まずは紙の教材からスタートするほうがおすすめです。

小学1年生の通信教材は教科書準拠か非準拠か?

教材選びでまず確認したいのは教科書に準拠しているかどうかです。

教科書準拠というのは、学校の教科書と同じ内容・同じ順番で進めることができる教材です。

非準拠の場合は、学校の教科書とは異なる内容となりますが、学習内容としては同じです。

あやママ
どの教材も学習指導要領の内容をカバーしていますよ!

教科書準拠がおすすめ

  • 学校の授業の予習・復習に使いたい
  • 教科書の範囲の学習を定着させたい
  • 学習をする習慣をつけたい。

教科書非準拠がおすすめ

  • 学校の授業とは分けて学習を進めたい
  • 学習をする習慣をつけたい。
あやママ
国語の学習の場合、より多くのお話や文章を読む機会があるというのは教科書非準拠のメリットですね。

小学校1年生の通信教材を比較 おすすめの教材はどれ?

小学生に人気の通信教材4社を比較してみました。前途の通りすべて紙の教材です。

  • チャンレンジ(オリジナルスタイル)
  • Z会
  • ポピー
  • がんばる舎

 

教科書準拠 学習内容 1日の目安時間 付録 添削課題 料金(月) 資料請求
チャンレンジ 国語
算数
英語
15分 あり あり 2,705円~

 

Z会 × 国語
算数
けいけん
15分 なし あり 4,142円~
ポピー 国語
算数
10分 なし なし 2,700円
がんばる舎 国語
かきとり
算数
英語
なぜなに
(読み物)
20分 なし なし 800円

英語の学習もできる教材を選んだほうがいいの?


英語の学習ができる教材でも、英語学習のボリュームはそれほど多くありません。

また紙の教材なので「書くこと」がメインとなってしまいます。英語の学習には聞き取りや発音も必要ですので、それほど重視する必要はないと思います。

あやママ
英語学習を積極的にさせたいなら、聞き取り・発音などできる教材のほうがよいでしょう。

例えば、スマイルゼミなら 英語プレミアムというコースを取れば英語学習ができますよ。

初めての英語の教材のおすすめはポピーKids English です。

ポピーKids English の内容、口コミ・評判はこちらでチェック

添削はあったほうがいいの?

添削課題があれば、「〇日までに提出する」というような目標を立てることもできますが、、課題の中でわからないところがあった場合にすぐに答えがもらえない。というデメリットもあります。

小学1年生の場合は、課題が戻ってくるころには何がわからなかったのかなど忘れている可能性もあります。

あやママ
問題を解いたらすぐに採点をしたほうがよいと思います!

付録はあったほうがいいの?

教材についてくる付録と同じような学習を学校でも行いますのでなくても大丈夫です!

1回使ったらすぐに使わなくって困る!というご家庭も多いですよ!

小学1年生にお勧めしたい 小学ポピー

小学1年生の通信教材として一番おすすめしたいのは小学ポピーです。

教科書に準拠しているので、学校で学習をした内容を定着させることができます。

無駄な付録もついてこないシンプルで分かりやい教材として人気です。

教科書を超えた発展学習なら Z会

 

Z会は教科書に沿って学習をする教科書準拠の教材ではありません。

そのため教科書を超えた学習ができ応用力も身につくと評価の高い教材です。

けいけん学習があり、保護者と一緒に体験学習をします。また、他の教材よりも全体的にボリュームがあるので保護者がしっかり学習サポートできるご家庭におすすめです。

楽しく学習を進めたいなら チャレンジ

 

幼児に人気のしまじろうの子どもチャレンジから継続をして利用している子が多いのがチャレンジ1年生です。

キャラクターが登場し、学習内容もわかりやすく楽しく解説してくれます。

料金が月々払いだと割高になるので気を付けましょう!

市販のドリル替わりなら がんばる舎

  

通信教材をとるほどでもなく、本屋さんでドリルを買うような感じで学習できたらいい。ということならがんばる舎がおすすめです。

プリント学習ですが、教科書にも沿っていて解説もわかりやすい教材です。

小学1年生の学習教材の選び方 まとめ

小学1年生の学習教材の選び方をご紹介審した。

どの教材が良いかお子さんのタイプやご家庭の方針によっても違います。

また、習い事などのとの兼ね合いも考えて学習教材を選びたいですね。

どの教材も無料で体験学習ができますので、まずは資料請求をして教材見本を取り寄せてみてはどうでしょうか?

 

-家庭学習

Copyright© ランドセルの選び方など気になる小学校入学準備をサポート!|小学校入学準備 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.